北陸の梅雨入り・梅雨明け予想!2017年はいつ?

北陸地方と聞くと雪が多く寒さが厳しいイメージがある一方で

様々な特産品・観光地があるお出かけにはぴったりな場所です!

※北陸地方:新潟県、富山県、石川県、福井県 (参考:wikipedia)

 

新潟県は言わずと知れた米どころで「こしひかり」、

富山県はラーメンの富山ブラック、

石川県はB旧グルメの金沢カレー

福井県は敦賀ラーメンがそれぞれ有名です!

 

そんな北陸地方に行くのであれば

できれば雨よりも晴れていたほうが嬉しいですよね。
でもでも、これから雨が続くいやーな梅雨の時期がやってきてしまいます。

 

できれば早く過ぎ去って欲しい梅雨ですが

今年(2017年)の北陸地方の梅雨はどうなるのでしょうか?

 

今回は気象庁が公開している過去66年分のデータを元にして、

2017年の北陸地方の梅雨入り・梅雨明け時期

バッチリ予想していきたいと思います!

ちなみに昨年の北陸地方の梅雨の期間は例年よりも短めで

雨量も例年の90%程度と少なかったようですね。

 

果たして今年の梅雨はどうなるでしょうか…?

スポンサーリンク


2017年 北陸地方の梅雨入り時期はいつ?

2017年の北陸地方の梅雨入り時期を予想していくために

気象庁の過去66年間のデータをを紐解いていきたいと思います。

 

気象庁のホームページには過去66年間の

北陸地方の梅雨入り時期のデータが公開されているので、

今回はそのデータを使って傾向が分かるようにグラフを作成してみました。

 

北陸梅雨入り2017年
 

上図の66年分の梅雨入り時期の推移を見てみますと、

最も早い梅雨入りは、1956年5月22日頃。

一方、最も遅い梅雨入りは、1958年・1987年の6月28日頃となっています。

 

その差は約1ヶ月ほどもあるということで驚きですが

50~60年ほど前に比べるとその変動の幅は若干ですが

少なくなってきていることが分かります。

 

また、上図から66年間の北陸地方の梅雨入り日の平均時期は

6月13日頃となっていて、平均値をとった線は

若干右上がりになっていることから梅雨入りの時期が

遅くなっていることが見て取れます。

 

そして、直近2年間のデータを見てみると

昨年(2016年)は6月13日頃が梅雨入り、

一昨年(2015年)は6月19日頃が梅雨入りでした。

 

以上の過去のデータや最近の傾向から予想してみると

2017年の北陸地方の梅雨入り時期は

6月7日から6月17日頃になる可能性が高そうですね。

スポンサーリンク


2017年 北陸地方の梅雨明け時期はいつ?

続いて、北陸地方の梅雨明け時期について予想していきたいと思います。

梅雨明け時期についても梅雨入りの場合と同様に

気象庁の過去66年分のデータをグラフまとめました。

 

北陸梅雨明け2017年
 

1951年~2016年までの66年間の梅雨明け時期を見てみると

最も早い梅雨明けは、2001年の7月1日頃。

 

一方、最も遅い梅雨明けは、1991年の8月14日頃となっています。

また、66年間の梅雨明け日の平均時期は7月25日頃で,

平均を表す黒線が右上がりになっていますので、

梅雨明け時期が遅くなっているということが読み取れます。

 

梅雨明け時期も年々遅くなっている傾向があるため、

梅雨の期間が後ろにずれ込んでいるといえそうです。

 

さらに、直近2年間のデータを見てみると

昨年(2016年)は7月19日が梅雨明け、

一昨年(2015年)は7月25日が梅雨明けでした。

 

以上の過去のデータや最近の傾向から予想してみますと

2017年の北陸地方の梅雨明け時期は

7月20日から7月30日頃になる可能性が高そうですね。

スポンサーリンク



カラッと晴天が続く夏が待ち遠しいですね!

ジメジメした梅雨が早く終わることを祈って待ちましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ