東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2017年はいつ?

これから梅雨の季節となりますが

2017年の東海地方の梅雨入り、梅雨明け時期はいつくらいになるでしょうか?

 

ジメジメした梅雨は誰もがいや~な時期ですから、

できれば短いにこしたことはありませんよね!

 

今回は過去の気象庁の66年分のデータから

2017年の東海地方の梅雨入り・梅雨明け予想を紹介します!

 

ちなみに、東海地方は、

愛知県・岐阜県・三重県・静岡県を指し

太平洋側気候、内陸性気候、日本海側気候と気候の境目となる地域です。

 

三重県などは、秋になると「台風銀座」と呼ばれるくらい、

台風の通過場所となっています。

スポンサーリンク


梅雨入り・梅雨明けってどうやって決めるの?

気象庁の過去データから、梅雨入り、梅雨明けを予測しますが、

実はそのデータでさえも何月何日と特定できるものではありません。

 

気象庁の過去のデータにも「頃」と書かれているように、

公表されている日付も実は明確な確定日ではないのです。

 

比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、

日照時間が少ない時期に突入するまで

移り変わりの時期が5日間程度あります。

 

その真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。

 

梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、

1週間後までの中期予報を組み合わせて、晴れが続いている日(初夏)から、

今後数日間は天気が悪く雨模様と予想を出した時に、

実際に雨が降りだした日を梅雨入り。

 

また、雨続きから、中期予報で晴れが続くと予報をし、

最初に晴れ始めた日を梅雨明けとしています。

 

比較的晴れの多い期間から曇りや雨に移り変わる期間の間を

梅雨入りとしているようですが、

確定値は9月に結果を再検討して修正された後に決まります。

 

梅雨明けも同様で、その反対になります。

スポンサーリンク


2017年 東海地方の梅雨入り時期を予想!

それでは2017年の東海地方の梅雨入り時期を、

気象庁の過去データから予想してみます。

 

1951年から2016年までの過去66年間のデータで

最も早い梅雨入りは1963年の5月4日頃で、

最も遅い梅雨入りは、1951年の6月28日頃でした。

東海地方梅雨入り2017年
 

梅雨入りのタイミングに一ヶ月半以上の開きがありますが

193年の5月4日は、群を抜いて早いです。

 

またグラフを見るとわかる通り

東海地方の梅雨入りの時期は

年々早まっている傾向が確認できます。

 

1951年から2016年の66年間の

梅雨入りの平均時期は6月7日頃。

 

また、昨年(2016年)の梅雨入りは6月4日

昨年(2015年)の梅雨入りは6月3日頃でした。

 

気になる2017年の東海地方の梅雨入り時期ですが、

7日(水)〜8日(木)は低気圧・前線東進。広いエリアで傘の出番となります。
特に湿った空気が流れ込みやすい西・東日本の太平洋側では、強雨となる恐れがあります。

このタイミングで関東を始め、近畿や東海などのエリアでは梅雨入りの可能性がでてきました。九州は雨が降り出すタイミングを考え一足早く6日頃の予定です。
出典:weathernews.jp

今年の東海地方の梅雨入りは6/7(水)〜6/8(木)になりそうですね。

【6/7(水)追記】
気象庁は6/7(水)東海地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。

 

スポンサーリンク


2017年 東海地方の梅雨明け時期を予想!

一方、東海地方の梅雨明けの時期ですが、

梅雨入りと同様に気象庁のデータを参考に考えてみると、

最も早い梅雨明けは1963年の6月22日頃で、

最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。

東海地方梅雨明け2017年
 

また平均値を表す黒線が右上がりになっていることから

東海地方の梅雨明けの時期は

年々遅くなっているいる傾向が確認できます。

 

梅雨入りの時期が早まり

梅雨明けの時期が遅くなっていることから

東海地方の梅雨は年々長期化しているようですね。

 

また、66年間の東海地方の梅雨明け平均時期は7月21日頃で、

以上のデータを元にして予想してみると

2017年の東海地方の梅雨明け時期は

7月15日頃から7月26日頃の間くらいになりそうです。

 

 


 東海の梅雨の特徴は?

東海の梅雨は、

1961年と1974年に記録的な大雨となり被害をもたらしたようです。

 

もともと、東海地方は台風の通過場所となることも多く、

山岳地帯では冬になると豪雪になることからも

気候の変動は激しいようです。

 

ここ3年間の梅雨時期は、

例年並みか少し少ないくらいの雨量ですが、

多い時は、全国平均の1.5倍以上雨が降りますので注意が必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ